So-net無料ブログ作成

前田亘輝 声帯のう胞手術とは?原因は喉の酷使による病気で今後が心配 [歌手]

TUBEの前田亘輝さんが喉の病気「声帯のう胞」になってしまいました…

原因は、喉に負担をかけると発症するリスクが上がるそうで、歌手に多いとされています。

前田亘輝さんは年明けに声帯のう胞の手術をすると話していますが、
声に影響が出てしまう可能性が高く、今後の活動が心配です。

声帯のう胞とは一体どのような病気なのか、
詳しい原因や症状、手術方法についてご紹介します。


スポンサードリンク






声帯のう胞と手術方法 原因は喉の酷使によるもの


声帯のう胞、漢字では「声帯嚢胞」と書きます。

喉に腫瘍のような袋が出来て膨れ上がってしまう病気で、
発症すると、声がガラガラになったりかすれたりしてしまいます。

主な手術は腫瘍切除になるのですが、喉にメスを入れることになるので、
歌うことを仕事にする前田亘輝さんにとってはかなりのリスク物かと思われます。

命に別状はないそうですが、しばらくの間は声が出なくなってしまいます。

しかも手術後、必ず元に戻るというわけでもないです。

前田亘輝さんのような歌手としては、
命より重いもの「声」を失ってしまう可能性があるということです。

大丈夫だとは信じていますが、
前田亘輝さん(TUBE)ファンとしても非常にショッキングな出来事です。


この病気の原因は、大声を出したり喉を酷使したりなど、
負担をかける方に発症しやすいと言われています。

前田亘輝さんはTUBEのボーカルとして1年中歌っていますので、
ついに喉が悲鳴をあげてしまったのでしょう。


スポンサードリンク






特に前田亘輝さんの声は高いですからね。
とにかく叫びます。

カラオケでも原曲キーは高く設定されていて、
TUBEファンの方も真似て歌うのには相当苦労しているのではないでしょうか。

あー夏休みとか好きなんですが絶対歌えません…苦笑


また他にも声帯のう胞になった歌手は、
B'z の稲葉さんや、Janne Da Arc(ABC)のyasuさんなどが挙げられます。

yasuさんに限っては手術後に病気の心境を書いた曲があるほどです。


前田亘輝さん本人は前向きに「デビュー30年でようやく歌手になれた」と話していて、
逆境に負けない姿に尊敬します。

プロ精神がかっこいいので惚れそうですが、正直著者としてはとても心配です。

あの声が聴けなくなるなんて絶対に嫌です。

必ず元の前田亘輝さんになって戻ってきてくれることを祈っています。


スポンサードリンク




nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。