So-net無料ブログ作成

岩下志麻 現在病気の胆石で入院していた!どんな症状なのか…持病だからこの先心配 [病気]

女優の岩下志麻さんは現在「胆石」という病気で都内の病院に入院しているそうです。

まさか岩下志麻さんが持病を持っているとは思いませんでした。

この「胆石」という病気の危険性は?
どんな症状が出てしまうのでしょうか。


スポンサードリンク





岩下志麻が病気「胆石」で入院


岩下志麻さんは現在74歳ですが、まだまだ現役でドラマ出演をしています

そんな中急きょ胆石という病気で今後が心配になりましたが、
2、3日で退院できるそうで、症状の悪化や他の病気はないと診断されたようです。


胆石とは、肝臓から出る液体が固まって体内に溜まってしまう病気です。

肝臓といえばお酒などのアルコールを分解する役割をしてくれることで有名ですよね。

その肝臓がいらない老廃物などを流すときに胆汁という液体が出て身体の調子を整えてくれるのです。

胆石になってしまうとみぞおちやわき腹が痛くなったり、吐き気や嘔吐などの症状が出るそうです。
特に発熱を伴うとより注意が必要だと言われています。


岩下志麻さんはなぜ胆石になってしまったのでしょうか。


スポンサードリンク






中年以降女性、特に肥満の方に多い病気なのですが、
主に脂っこいものを食べすぎたりすると発症しやすくなるそうです。

また、ストレスや不規則な生活でも起こりやすくなると言われています。


岩下志麻さんは肥満ではありませんし、食生活の部分では問題がなさそうですので、
恐らく仕事によるストレスで持病になってしまった可能性が高いと思います。

胆石を治療する方法としては、飲み薬と摘出手術のいずれかになるそうです。


岩下志麻さんの場合は入院されたということで、手術を行ったのかと心配になりましたが、
検査を受けて点滴をしただけで済んだようです。

すぐ退院して仕事復帰できるということで本当に良かったと思います。


岩下志麻さんは胆石は持病だと話していて約10年ぶりに激痛が走ったようです。
入院しない軽い痛み程度なら普段から感じているのでしょうか…


胆石は日本人の10人に1人の割合で発症する私たちに身近な病気なので、
今健康な人でも規則正しい生活と食事に注意して対策していきましょう。


スポンサードリンク




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

アナフィラキシーの症状とは?ヘアカラーでも?発症までの時間と小児の注意点 [病気]

皮膚がかゆくなったり、じんましんが出来たりしたらアナフィラキシーを疑った方が良いかもしれません。

普段大丈夫な方でもヘアカラーの後は特に注意が必要です。

一体アナフィラキシーの症状とはどのようなものなのでしょう?

また発症までの時間、小児は特に注意が必要なので見ていきましょう。


スポンサードリンク





アナフィラキシーとは何か


アナフィラキシーとは主に肌荒れを引き起こすアレルギーの一種です。

耳の周り、首、かゆみなどを引き起こし、
ひどい場合は全身に赤みを帯びて、滲出(しんしゅつ)液が出たりと油断できないアレルギーです。

他に肌以外でも、腹痛、嘔吐、血圧低下、せきや息苦しさなどの症状も出ることがあります。

最悪の場合アナフィラキシーショックと呼ばれる症状を引き起こし、
命の危険にも関わるので注意が必要です。

このアナフィラキシーがヘアカラーを使用する人に増えてきているので、
しっかりとパッチ対策をしたり予防することが大切です。

自宅で染めるヘアカラーにも注意が必要


髪を染めるとき美容院で染める人と自分で染めちゃう人と二通りに分かれると思います。

でも美容院の雰囲気が好きだったり自分でのご褒美の時以外はお金がかかるので、
市販のヘアカラーで済ませてしまう人も多いと思います。

美容院で染めてもらう場合は美容師さんがパッチテストをやってくれますが、
ご自宅で染める場合、このパッチテストをやらずにいきなりヘアカラーをする人が多いので、
このアナフィラキシーを引き起こし体全身にまで肌荒れを起こしてしまう人が増えているらしいのです。

必ず「毎回」パッチテストをすることと、
もし一度症状が出てしまったら毛染めは諦めて、医師や専門家に相談することが大切です。


スポンサードリンク





発症までの時間


おおよそ早ければ数分から数時間以内には肌荒れを起こし、
かゆみやじんましんなどの症状が出るようです。

ヘアカラーの後に何かおかしいな…と思ったら、一度カラーリング剤の使用を中止し、医師に相談することをおすすめします。

比較的早い時間で発症するので、
息切れや肌荒れなど二つ以上症状が現れたらアナフィラキシーを疑った方が良いかもしれません。

小児の注意点


小児の場合は特にアナフィラキシーに注意を払う必要があります。

その中でも6歳未満の小児は免疫が弱く、
食物アレルギー対策検討会によれば、
およそ10人に1人はアナフィラキシーが発症してしまいます。

さらに100人に1人の小児は意識を失ったり呼吸困難に陥る場合があるようです。

なかなか6歳未満の小児にヘアカラーをする機会は少ないかもしれませんが、
すくなからずアナフィラキシーの可能性があることを覚えておいた方が良さそうです。


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。